医療法人 山下外科医院 電話0957-54-7122
個人情報保護方針
在宅医療
当医院では訪問診療(通院の難しい患者さん)・往診(急に具合が悪くなって動けない場合など)を行っています。
通院の難しい患者さん
急に具合が悪くなって動けない場合など
より自分らしい日常生活を過ごせるよう自宅で生活リハビリを行います。
在宅診療とは
寝たきり・痴呆・身体症状のため移動が困難など、いろいろな理由で通院が難しく自宅にて療養をおこなっている患者さんに対して、定期的に訪問をして診療を行うことを「在宅診療」といっています。主に慢性疾患が対象となり、急性の疾患や症状について求めに応じて伺う「往診」とは区別されています。
最大のメリットとして、医師が当院に常駐(営業時間内)しているため、治療や処置への早期の対応が可能となります
在宅診療ご利用対象者
寝たきりで、ご来院が不可能な患者さん。
自宅での療養を希望される方。
病院から退院した後のケアが必要な方。
大村市内に在住の方。
--Q&A--
Q 具合が悪くなったとき入院できますか?
A 当院は入院施設がありませんので、入院が必要と判断された場合には速やかに提携病院をご紹介いたします。
Q 夜間でも往診してもらえますか?
A 当院では定期的に訪問診療を実施している方に限り、夜間でも深夜でも対応いたします。
万が一何らかの事情で対応困難な場合は、24時間連携医が対応いたします。
在宅診療ご利用希望者
一人では通院できないから、家族がいなくて病院に行けないから・・・とあきらめないでください
当院へお電話ください。
お受けできる場合は、速やかにご連絡の上、初回訪問いたします。
各種保険が適応されておりますので通常の受診と同様に保険診療を受けていただく事ができます。また交通費や特別な往診料は一切かかりません。
訪問リハビリ
理学療法士、作業療法士がご自宅に訪問し、より自分らしい日常生活を過ごせるよう生活リハビリを行います。身の回りの動作の自立、趣味や生きがいを見つけることなどをはじめご家族へも介護方法の指導や家庭でできるリハビリの指導、住宅改修や福祉用具のアドバイスも行います。
 病気や老化によって関節や筋肉、感覚がうまく働かず、生活するのが大変になってしまうことがあります。
リハビリでは、なぜ大変なのか、その原因を探り出し働きかけることにより、生活のしやすさへつなげていきます。
 その人それぞれの希望、病気や能力はもちろん、性格や好み、考え方、生活スタイル、介護者様の希望も考え、ケアマネージャーや他のサービス業者さんと連携し、方向性を決めていきます。
Copyright (c) Yamashita Clinic, All Rights Reserved
GET Maicromedia Flash Player マイクロメディア フラッシュプレーヤー